医師の一般的業務認識と実情の差異

今後の高齢化社会において、医師の労働環境の過酷さは、今後益々加速していくことになります。しかし、現時点ですでにこの問題を修正することは容易ではありません。
ただ、一般的な認識においては、医師の働き方に関する問題は、必ずしも切羽詰まったものではないようです。それは、「対応できないならそもそも受け入れなければいい」という発想があるからかもしれません。
これは、一般の方々の日ごろ目にするニュースで、医療の問題として取りざたされる話題に「救急搬送の受け入れ拒否」「救急患者のたらい回しによる処置の遅れ」などがあることが理由として考えられます。
しかし実際の現場に見てみると、医師の実情はそんなこととは程遠く、文字通りの「粉骨砕身」に近しいほど自らを犠牲にして懸命に日々の業務に励んでいることがわかります。それは応召義務があるからなどではなく、一つでも多くの命を救いたい・より多くのQOLを守りたいという高い志のもと、日々の業務にあたっているからに他なりません。
ニュース報道はあくまでも「容体の対応に適切な専門の医師がたまたまいない」ことや「そのタイミングで適切に対応できる当直医がいない」ために稀に起こることで、それをあたかも、「安易に打算で患者の受け入れを断っている」といった印象で報道し、市民感情の矛先を用意するメディアの報道姿勢の方に問題があると思います。
(これらが鵜呑みにされるのも医療関連の創作物に打算的な医師が多く登場する前提も少なからず影響しているとは思うのですが)
話を戻しましょう。
実際の現場の医師は、外来患者への対応や手術、術後管理までを担当しつつ、加えて日々の新しい研究や治療の勉強、さらには学会活動などにも当たっています。これで休む暇などどこにあるというのでしょうか?
若いうちはただがむしゃらに体力任せで突き進むこともできますが、医師は専門職です。長期的に健康を持続可能な業務環境にしなければ、例えば今日、医師が一人倒れた場合、容易に替えが効くものではありません。
今こそ、医療機関の内部から医師の過酷な労働環境に着目し、中身を精査したうえで、具体的な改善策を講じていくときです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です